ダイエットの成功か失敗かの判断基準

エステはこちら

ダイエット時に成功か失敗かを判断する基準として、減らした体重を維持できているかというのが重要です。

「3キロ痩せるぞ」などとダイエット前は目標を立てて実践しますよね。実際に3キロ痩せたとしても、痩せた体重を維持できなければ意味がありませんよね。

目標体重に達した瞬間に、燃え尽きてすっかり元の生活に戻り、気がついたら体重もリバウンドしていたという経験を多くの方がしています。

やはり、ダイエットが成功したか失敗したかというのは、体重を減らし終わった後、半年や1年経っても同じ体重を維持できているかが重要です。結局、無理なダイエットをしていると目標達成したときに、「もうダイエットしなくていいんだ」という気持ちが強くなります。すると、今まで我慢していたお酒をまた飲み始めたり、甘いものを解禁したりします。

ダイエット中ほど摂生する必要はありませんが、毎日、体重計に乗って体重をキープする気持ちを心がけましょう。時には飲み会で暴飲暴食をしてしまうこともありますよね。

しかし、3日を1周期と考えれば、残りの2日間でカロリーを減らした生活をすれば、体重は維持できます。ダイエットで体重を減らすことばかりを考えてしまいがちですが、体重を維持するのもとても大切です。

Tags: , , , , , , , ,